2017年03月08日

島はぼくらと

近ごろ、読書がマイブーム。
きっかけになったのがこの本。
<島はぼくらと>です。

中学2年の娘への私からの課題図書。
ラノベのような魔法とかなんだとか、そんな本ばかり読んでいる娘への課題図書。
なるべく興味を持つように、本の裏表紙のちょっと紹介部分を何冊か見ながら、けっこう厳選しました。

離島に暮らす高校3年生の悲喜こもごも?な物語。
最後は探偵団のようなこともします。
高校まではみんな一緒だけど、卒業するとみんなバラバラになってしまう物語。

春から高校受験を控える3年生になる娘にピッタリだと思いました。
で、自分も確認のために読む。
久しぶりに小説を読んでみて、たいへん面白く読めました。


島はぼくらと (講談社文庫)
辻村 深月
講談社
2016-07-15


at 09:26│Comments(0)TrackBack(0) 読書 
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔