和して同ぜず疫病神的なトラブルばっかりおこす人って周りにいる?

2011年01月17日

周して比せず

子曰、君子周而不比、小人比而不周

子曰く、君子は周して比せず、小人は比して周せず

孔子様は言いました
「立派な人は、幅広く多様な人と付き合い
つまらない人物は、仲のよい人とべったりで党派をつくるものだ」


党議拘束なんかをして、それを守らないひとを
「除名!」
とか騒ぐのは、孔子の理想からはかけ離れているのかもしれませんね。
もっとも、孔子は民主主義なんて関係ない世界のひとですけど。

政党自体に意味が無いんじゃないかと思う今日この頃。
何を守りたいんでしょうかね?
縛り付けて自由に話せないようにするなら、すでに議員である理由がないのに。。。

派閥・党派なんて考えるのも面倒なのに、なんでこういう話が好きなんでしょうね?
党の中の地位。
党の中のメンツ。
そんなの国家として、歴史として何の意味もなさないのに。
そんなことを真剣に考える人の気持ちがよくわからんです。

だからと言って、与謝野大臣を応援する気にはなれないけど。

at 10:15│Comments(4)TrackBack(0) 名言 
トラックバックURL
この記事へのコメント
1. Posted by もこりん   2011年01月17日 11:28
>つまらない人物は、仲のよい人とべったりで党派をつくる

あ、、なんか分かる気がする、と思いました
そして、自分を広くしなくてはと思ったのであります(; ´_ゝ`)

政治の世界はまさにそれですよねぇー
派閥あっての政界といいましょうか。
そんな人達で何も変わらないだろう、と思ってしまうなぁ(´-ω-`)ウーン
2. Posted by みゆきん   2011年01月17日 13:48
立派な人は、幅広く多様な人と付き合い
つまらない人物は、仲のよい人とべったりで党派をつくるものだ
笑っちゃった〜
成るほど納得
(_≧Д≦)ノ彡☆ばんばん

3. Posted by りい子☆   2011年01月17日 15:20
前回の言葉と同様、すごく納得しました^^
こうして読んでみると、学生時代に、孔子の言葉の本当の意味を理解するのは、難しすぎる気がしますね〜。
大人になって、色んな体験をしてから学ぶと、心にピタっと入り込んでくる感じ。
大人がきちんと学んだ方が良いのかもしれませんね。
4. Posted by pao   2011年01月18日 01:08
既得権益を守ること。
これが何よりも優先するようになってしまうのでしょう。

国民に見せている顔とは別に、とんでもなく複雑な圧力のかけあいが存在するのではないでしょうか。
我々が関わってしまうと、いるだけでも耐えられないような世界があるのかもしれません。

しかし、孔子様も結構権力を渡り歩いた人ではなかったんでしょうか?(勘違いかもしれません)
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
和して同ぜず疫病神的なトラブルばっかりおこす人って周りにいる?