「タレント議員」についてどう思う?寿がきやで蒸温菜鍋をもらおう!

2010年05月19日

歴史の使い方 堺屋 太一

歴史の使い方 (日経ビジネス人文庫 グリーン さ 3-6)歴史の使い方 (日経ビジネス人文庫 グリーン さ 3-6)
著者:堺屋 太一
販売元:日本経済新聞出版社
発売日:2010-01-06
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

この本読んでみました!
まぁ色々と書いてあるんですが、石田光成とチンギス・ハーンの例がよく出てきます。
そのへんに興味ある方は見てみてくださいね!

そのなかで、私が感心したのは
「なぜ明治維新のときに大きな内戦にならなかったのか?」
という部分。

当時のイギリス・アメリカ・フランスなどは、内乱に乗じて植民地を広げていましたが、世界史年表に照らすと・・・
っていう話です。
せかっくなので、関連年表?を書き出してみます。

日本の1867年(カッコは旧暦と思われる)
1月10日(慶応2年12月5日) - 徳川慶喜が第15代征夷大将軍に就任
1月30日(慶応2年12月25日) - 孝明天皇崩御(発表12月29日)
11月16日(慶応3年10月21日) - 大政奉還: 徳川慶喜が大政奉還を布告
12月10日(慶応3年11月15日) - 坂本龍馬・中岡慎太郎暗殺される(近江屋事件)

阿片戦争(1840-1842) イギリスが香港を獲得
アメリカ南北戦争(1861-1865年)
普墺戦争(1866年) ドイツ統一へ
普仏戦争(1870-1871年) フランスはドイツに敗北
(普はプロセインでドイツと思ってもらえればほぼ合っています)

1853年にペリーが来航して、アメリカと最初に接点ができるわけですが。
南北戦争中では、東洋の島国なんか知ったこっちゃないですね。

フランスは幕府側に肩入れをしていましたが、プロセインとオーストリアの険悪な関係と戦争(普墺戦争)が気になって仕方ありません。
実際に、後の普仏戦争(1870-1871)でフランスは敗北してナポレオン三世は退位、第二帝政は終焉を迎えて第三共和政に移行。
激動の時代です。

残ったのは薩長へ肩入れしたイギリス。
坂本竜馬の亀山社中に武器を販売したグラバーもイギリス人。
邪魔する外国がなくてやりたい放題です。

その後、イギリスと関係を深めた日本はラッキーなんですけど・・・
なんでラッキーなのか!
その辺も気になる方は、本を読んでくださいね!

歴史は好きだけど、大河ドラマはほとんど見たことがないです。。。
「竜馬伝」
ってば面白いの???

at 21:49│Comments(11)TrackBack(0) 読書 
トラックバックURL
この記事へのコメント
1. Posted by ともたん   2010年05月19日 22:07
風魔さんの所からおじゃましてますぅ〜
ともたんも大河ドラマって観ない人なんですが
今回の「龍馬伝」だけは観てます〜
歴史は余り詳しく無いんだけど〜
かえってそう方が先入観無しで見ているので
面白い!!って思いますよ〜(o・・o)/~


★ともたんさんへ
風魔さんのところで、お名前は存じ上げてました。
ありがとうございます。

そうですか、面白いんですか!
見てみようかなあ〜
ちょっと興味がありながら、結局見ていなかったんですよね〜
2. Posted by    2010年05月19日 23:15
歴史は全くダメです
料理の調味料の分量なら
すぐ覚えられるけど
年号は通り過ぎるだけで
一時停止もしてくれません


★幸さんへ
イチヤムナ(1867)しい江戸の町!
ですよ
私もだいぶ忘れてしまいました。

レシピを覚えられるほうがすごいですよ!
3. Posted by とんみ   2010年05月20日 00:31
おおお凄いですね。
知的です。
昔は堺屋さんや大前さんの本とか良く読んだのですが、今では・・・^^;です。
もっともっと本読まないと駄目ですね。^^


★とんみさんへ
私も久しぶりに本を読みました(笑)
この本は軽い感じで読みやすいですよ〜

大前健一?はちょっと苦手です。
迫るような書き方が嫌〜い
4. Posted by 茶々   2010年05月20日 05:56
温故知新、大事なことですね。
それにしても、この混沌とした今の世の中を
明るい未来に導いてくれるのは果たして…。


★茶々さんへ
ヤワラちゃんが導いてくれますよ(笑)

たまには昔の事もいいですよね!
面白い本でした!
5. Posted by 狼皮のスイーツマン   2010年05月20日 06:34
5 堺屋太一さん
『豊臣秀長』を学生時代に夢中になって読みました。経済人視点での歴史小説が新鮮でしたね。そののち小渕内閣の閣僚になったのは意外な気がしました。
 東大での講義録も著書として売られておりましたが、これは読んでから古本屋に。(漫画を含めた蔵書が二部屋を越えましたので、泣く泣く)
 興味が湧きました、書店にあれば、眺めてみることにします。



★狼皮のスイーツマンさんへ
私はあまり読んだことがなかったんですけど、
石田三成やチンギスハーンの本もかいているんですねぇ
ちょっと読みたくなりました。

この本、移動中にも読める軽い感じなので、読んでみてくださいね!
6. Posted by ちーこ   2010年05月20日 09:07
さすが勉強家です。
私は最近全く読書をする時間がなくて
なんだか寂しくなってしまいます。
OLの時は電車の中でいろいろな本を読んでいましたが子育てに追われ余裕の時間がないのが残念です。
今日もがんばってね!


★ちーこさんへ
小さい子どもを育てながらだと、なかなか本をゆっくり読むのは厳しいですよね〜
家事に育児に、大変だと思います。
家事も育児も適当な私も久しぶりです(笑)

ありがとうございます。
今日も気楽な感じでがんばりまっす!
7. Posted by みゆきママちゃん   2010年05月20日 12:43
歴史的には全部知ってます
西暦は忘れてしまってるけど
大河ドラマはちょっと脚色されているけど歴史を知るにはもってこい
歴史の話しになると夢中なお客様のお陰で、うなずく程度の博学だけど、歴史は奥が深いよね
何で分るの?部分が人の想像力と残された【証拠】によりストーリーが出来ちゃった?
昔の悪者も実は正義の味方だつたりして謎解きはまだ、続いているものね
せっかく習った歴史を修正されたりした時に興奮します。
あの歴史の先生は嘘つきって(≧ω≦)b
父は地元の歴史の分厚い本を読んで改めて知った地元の歴史の解説を食事中に力説します。
バタリ (o_ _)o 〜〜〜 †


★みゆきママちゃんさんへ
私もいちおうの知識はありましたけど、ここまで整理されていなかったですねぇ
つながっていませんでした。。。

文書が発見されたりして、意外に歴史って変わっちゃうんですよね。
面白いものです。

お父さんの話、ちゃんと聞いてあげてくださいね(笑)
8. Posted by pao   2010年05月20日 12:56
「竜馬伝」ってば面白いの???

私も聞きたくなりました。
実はビデオに撮っているのですが、まだ1回目も見ていないのです。
どんどん貯まってくるので、いつまで続くの?ちゃんと見たら何日かかるのかと思うと(^_^;)


★paoさんへ
まだ1回も観ていないんですか?
すでに50週の半分くらい終わっていますが・・・
ぶっ通しで見ても、1日で見切れないですね〜
頑張ってください(笑)

私なら見ないと思いますが・・・
9. Posted by あたし   2010年05月20日 14:24
チンギス・ハーンって響き懐かしすぎますwww

あたしも大河ドラマはまだ見たことないですぅ〜。。。
福山さんが出てるから見ようかなと思いましたが…
大河ドラマって長いんですよね〜(>_<)


★あたしさんへ
学校を卒業すると、チンギスハーンって聞かないですね〜(笑)
世界一の英雄ですよ〜

毎週日曜のそんな時間にTVの前にいられない・・・
あたしさんは若いし、独身だから尚更でしょ〜
再放送も何回もやってますけどねぇ
10. Posted by りい子☆   2010年05月20日 14:47
最近、娘が社会の授業で歴史をちょっと習うようで、年号を聞かれる事もあり、焦ります。
勉強し直さないと〜。

大河ドラマは、以前観ていたこともありますが、「竜馬伝」は観ていないですね〜。
その時間は他のチャンネルで「世界の果てまでイッテQ」を観ています。
色んな国の勉強になります^^


★りい子☆さんへ
お嬢さんは歴史のお勉強ですか!
では、私が教えて差し上げましょう!
って心配?(笑)

りい子☆さんのコメントみて、
「自分は何をみているんだろう?」
って思い出そうとしましたけど・・・
思い出せないです。
年かな?(泣)
11. Posted by もこりん   2010年05月20日 15:22
おぉ、これは面白そう〜!
こちくんさんと同じく、歴史は好きだけれど
大河ドラマにはまったく興味がないもこりんです☆
なんでだろう〜〜・・・・ドラマだから?かな(^ω^;)
ならば小説とかで読んだ方が好き!

確かに明治維新に乗じて何かが起こっても不思議はなさそうですよね〜
こうやってみれば、それなりに異国との接触があったわけで。。
もしその頃、どこかの国に植民地化?みたいになっていたら
その後の日本の近代史の様子も変わっていたでしょうに(。-`ω´-)ンー


★もこりんさんへ
ドラマだと見る気が起きないんですよね〜
何ででしょうね?
毎週決まった時間に見るのがイヤなのかな?
私も小説を読むほうがいいです!

植民地になっていたら、どうなっているんでしょう?
そういう<もしも>を想像するのも楽しいですね!
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
「タレント議員」についてどう思う?寿がきやで蒸温菜鍋をもらおう!