誰も突っ込んでくれないので・・・・歯医者さんふたたび

2009年08月22日

自主性、主体性

自主性と主体性って、似たような言葉。

自分で、自分が、最後までやりきることかなぁ

と思います。
このたび、やろうとしていたことが、ポシャってしまいそうです。

「自分で最初から最後までやっていたら、違う結果になったかな?」
とか、思っています。
でも、
「最初から最後まで自分でやっていたら、具体化もしなかっただろうなぁ」
とも思います。

新しいことをやろうとすると、反発を受けたり、単純に受け入れてもらえなかったり。
受け入れない人、反発する人の気持ちもわからなくも無い。

でも、
「いまのままでいい」
って、本気で思っている人もいないはず。


答えは「拒絶」で、本当に良いですか?
新しいことへ踏み出すのが怖いですか?


親方日の丸の年金でさえ、支えきれなくなっているのに。。。
旧態依然で大丈夫ですか?

既得権益にどれほどの意味があるだろう?
そもそも既得権益がいまも有効なのか?
冷静に確認したら、答えは自ずと出てくるのではないですか???



国民は変化を求めている。
そう思います。

トラックバックURL
この記事へのコメント
1. Posted by ハチ公   2009年08月22日 16:30
深いですね。

自分でしっかり考えて、自分で出した結論なら後悔しないはず!

大好きな人達が、いつも、明るく笑顔で過ごせる世の中であって欲しいと願います!
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
誰も突っ込んでくれないので・・・・歯医者さんふたたび