官僚は本当に悪いのか?会社を設立した理由・・・

2009年08月01日

ガンダムとエヴァンゲリオン

たまたまエヴァンゲリオンのテレビ版DVDを1話から最後までみて、劇場版序を見終わった頃に・・・
NHKのBSでガンダム30周年企画と題して、有名な話の再放送をしていました。

さすがに連続してみると、比較してしまいますね〜

アムロとララーの関係、碇シンジと綾波レイの関係
ブライト艦長と葛城ミサト
アムロと碇シンジの頼りなさ
若い人たちが主体で織り成すストーリー

結構似ていると思いました。
違うところのほうが多いけど・・・

主人公が頼りなさ気に見えるのは、戦いの惨さを中和する為かなぁ
迷いなく戦っていたら、共感できないもんねぇ

ガンダムがそれまでのアニメの殻を打ち破り、エヴァンゲリオンがそれを飛躍させた。
ってことで、良いんでしょうか??

どっちも面白いですよね〜〜

トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
官僚は本当に悪いのか?会社を設立した理由・・・