2012年06月

2012年06月25日

恐怖の初恋

娘が毎週ピアノ教室に通っているんですが・・・

ピアノ教室のそばに大きい本屋さんがあるんです。
娘がピアノ教室で授業を受けている間や、ピアノ教室が終わった後によく行く本屋。
最近の大きい本屋に有り勝ちの立ち読みスペースがあるんです。
amazonとかネットの本屋さんでは中身を確認してから買えないので、ネット本屋へのリアル本屋の対抗策なんでしょうかね?

そこで毎週立ち読み。。。
私は立ち読みしませんが、娘はずっとよくわからない子供向けの小説らしきものを立ち読み。
息子も絵本を持ってきて
「パパ、これ読んで〜」
と次々にいろんな本を持ってきます。

で、先日
「いい加減、立ち読みばかりじゃみっともないから
好きな本を買ってあげるから選びな〜」
と、息子が持ってきたのは
あらあら くまちゃん (くまちゃん絵本)あらあら くまちゃん (くまちゃん絵本)
著者:あかいし ゆみ
販売元:学研教育出版
(2012-04-10)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
こっちの本は可愛いもんです。
(ただしもう飽きて読んでませんけど・・・泣)

娘が持ってきたのはこれ・・・なんじゃこの本は〜Σ( ̄ロ ̄|||)
恐怖の初恋って・・・
表紙気持ち悪い・・・・orz
恐怖の初恋 (ちゃおノベルズ)恐怖の初恋 (ちゃおノベルズ)
著者:栖川 マキ
販売元:小学館
(2009-07-31)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
ロクに確認もせずお会計をしている最中に気づく・・・

お会計前に気づいていれば
「他の本にしてね」
って言ったかもしれない。
まぁ<活字に親しむのは良いこと>ということで、諦めるのか。。。
でもこの手の子供向けの小説って、日本語がおかしい気がするんですが。。。


ちなみに娘はこの本は3日くらいで読破。
こんなペースで読むもんだから、買ってあげたいけどお財布が大変です。

本を読む習慣付けと、その内容、そして財布。
なかなか両立は難しい。。。


っていうか本って高くなったよね?
そんな気がするのは私だけでしょうか???

kochiya_blog at 14:05|PermalinkComments(13)TrackBack(0) 家族・子ども | 読書

2012年06月18日

父の日

昨日(6月17日)は父の日でした。
下の画像は息子が私を書いた絵です。
微妙・・・まぁ3歳はこんなもんでしょうかね。
BlogPaint
ちゃんと眼鏡を掛けているらしいです。
ちなみに下の方にはクジラとお馬さんがいるらしい。
まぁ魚のようなものはいますが、お馬さんはよくわかりませんね。

BlogPaint
で、こちらは9歳の娘から。
ハンカチはおこづかいを持って、100円ショップで買ってきたそうです。
飾りの折り紙、メッセージカードもお小遣いから。。。

BlogPaint娘の成長を実感して嬉しいとともに、
「怒鳴ったり、弟の面倒をみさせたり・・・
こんな風にしてもらえるほど立派なパパじゃないのにな。。。」
という気もしています。
プレゼントをもらってから、柔らかく優しい気持ちで落ち込んでます。
ロクデナシなパパでごめんなさい。。。
まぁ弟の面倒もよくみてくれる良い子に育っているようなので、私なんかはどうでも良いんですけどね。

んで、右の写真は娘が3歳の時の父の日。
息子の方が上手いなこれは(´∀`*)

「立派なパパってどんなんだろう?」
と考えさせられる父の日でした。

kochiya_blog at 14:35|PermalinkComments(11)TrackBack(0) 家族・子ども