2010年02月

2010年02月27日

写真撮影会

100227_1601~0001江戸硝子のHPを充実させるべく・・・・
現在写真撮影会中です。
私はあまり関係無い(笑)ので、ブログ更新でサボり中

岩澤硝子さんと田島硝子さんとのコラボ企画。
江戸硝子を救うのは俺たちだ!」
です。
(いま私が大袈裟に命名しました。勝手な妄想ですみません)

↑の写真は、主に岩澤硝子さんで作られたものたち。
醤油差しばかりではなく、こういうお皿などもお手の物です。


LOGO120_1これが
江戸硝子を救うのは俺たちだ!」
企画のロゴです。
ロゴの誕生秘話(大袈裟?)は、弊社社長のブログ<僕らのLogoが出来るまで>を参考までに。

ところで耳慣れないedo-Kiln(キリン)っていう言葉。
Kilnっていうのは窯のことらしいです。
そう、硝子(ガラス)って陶器なんかと一緒で窯を使うんです。
陶器と違うのは、陶器は仕上げに窯で焼きますけど、ガラスは最初に窯。
窯を使うのはいっしょですね!


ということで・・・
みなさま東京都の伝統工芸品江戸硝子をよろしくお願いします。
リンクの「江戸硝子を救うのは俺たちだ!」HPを見ていただけると嬉しいです
作りかけですけど・・・

ちなみに作っているのは私じゃなくて社長です。

kochiya_blog at 16:40|PermalinkComments(13)TrackBack(0) 食器のこと | ガラスのこと

ファッキン・シスターズ・クライスト

しのぶのあっちがわの酒井しのぶさんの作品

本格ハードボイルド長編小説
ファッキン・シスターズ・クライスト

を読み終えました!
アマチュア長編小説というのを読んだのも初めてなら、ハードボイルド小説を読んだのも(全部読んだのが?)初めてです。

お色気ありーの、アクションありーののミステリー探偵小説です。
最後まで楽しく読めました。
携帯で移動中に読むにはピッタリですね!
(ちょっと電池が心配になりますけど)


カーテンの隙間から洩れる繁華街の明かりでわずかにまわりが見える/人影を探す――見えない/だが人の気配はする――慎重な足音が聞こえる/右――おれのすぐそば/右側/カーテンから洩れる光の筋に照らされる足/黒いスニーカー/でかいサイズ――男だ/非常事態――絶対に非常事態!!

上記、一部引用なんですけど、最初は書き方に違和感を覚えました。
「スラッシュで区切ってあるけど、最近の小説の流行なのかな〜?」
って思いながら・・・。
でも、慣れてくるとスピード感を感じます。
いいもんですね!この書き方。


しのぶのあっちがわの酒井しのぶさんが主役で登場します。
「こういう人なんだろうか?」
って思うと興味深い。
実際はどうなんでしょう?


ファッキン・シスターズ・クライスト
おススメです。
移動中のかた、読んでみてはいかがですか?

携帯小説にちょっとアレルギーを感じていましたけど、
「携帯で読む小説も悪くないな」
と思いました。

kochiya_blog at 11:19|PermalinkComments(8)TrackBack(0) お気に入りGoods | 読書

2010年02月26日

[Number 創刊30周年記念] 私の思い出の「一冊」キャンペーン

私の記憶だとロナウドが表紙だと思っていたんですけど、号数を確認する為にバックナンバー検索をしたら、ロベカルが表紙だったようです。

営業先に早く着いてしまった当時の私。
この号を得意先の社員食堂で読んでいました。すると現在の妻がたまたまそばを通り
「サッカー好きなんですか?
私もサッカー好きなんですよ」
と話しかけられました。
ウソのような本当の話で、その出来事以降は営業に行くと仕事の話以外でも会話を交わすようになりました。

初デートは、1999年7月2日のシドニーオリンピック予選日本代表対香港代表です。
国立競技場でデートしました。
まだお互いの事を良く知らないので、国立競技場の指定席で待ち合わせをしたことを覚えています。
帰りはもちろん一緒に帰りましたけど、現地集合のデートの初々しい気持ちが懐かしいです。

そんな私たちも2人の子供に恵まれ、育児に奮闘中。
あの頃の日本を覆うサッカー熱がときに恋しくなりますね!



Number473号-熱狂大陸南米。-これがその思い出の一冊。
ブラジル代表の坊主頭は記憶どおりなんですが、ロナウドとロベカルを勘違いですね〜

「もう11年も経つんだ〜」
ってちょっと感慨に耽ったり(笑)
11年前の雑誌の表紙を、勘違いしていたとはいえ覚えているだけでもえらいでしょ?

で、表題のキャンペーンに上の文章で応募してみました。
400字以内という制限なんですけど、なんと399文字!
すごくない?
でも他の応募者は内容に対する思い出みたい・・・
ダメかも(笑)

以下キャンペーンサイトのコピペ。
ふるって参加してくださいね!
2/28締め切りです。
----------------------------------

[Number 創刊30周年記念] 私の思い出の「一冊」キャンペーン

1980年4月の創刊以来、「Number」は読者と共に時代を歩んできました。
そこで、これまでご愛読いただいたみなさまと思い出を分かち合うため、
「『Number』創刊30周年記念 私の思い出の『一冊』キャンペーン」を企画しました。

あなたの心にもっとも深い印象を与えた1冊を選び、
それにまつわる思い出を400字以内で綴ってください。

2月28日(日)までにご応募いただいた方の中か ら選考のうえ5名様の作品を、
3月発売予定の 「Number」30周年記念号に掲載させていただきます。

あわせて、3月20日(土)〜22日(月・祝)に丸ビル1F・マルキューブで開催される
「Numberメッセージ写真展(仮称)」で展示される、アスリートの直筆サイン入り色紙を、
展覧会終了後にプレゼント。

さらに! 「Sports Graphic Number」の定期購読1年分をプレゼントいたします。

あなたの綴った言葉が、「Number」の誌面を飾ります!
奮ってご応募ください。

kochiya_blog at 13:58|PermalinkComments(15)TrackBack(0) どうでもいいですよ 

子どもの体調・・・相変わらず

01

書くことなくて・・・
「子どもの具合が悪い話を書いてばかりいてもしょうがないよなぁ」
とも思うのですが、とりあえず。

昨晩も吐いてしまいました。
ここ数日は毎日毎日、寝る前に吐いてます。

下痢も止まったし、食欲もあるし。
寝る前に布団の上!で吐く事を除いては、まぁ普通になったんですけどねぇ
布団の上で吐くのはカンベンして欲しいんですけど・・・(苦笑)

昨晩は嫁さんが寝かしつけていて、ちょっと吐きました。
「パパ〜、また吐いた!」
と助けを呼ばれたんですけど・・・
ヘッドフォンつけてテレビ見てました(笑)
ヘッドフォンつきなので、聞こえません。

「ちょっとっ!聞こえないのっ!」
と大き目の声で言われ、ようやく気づきました。

で、寝室に飛び込んだ瞬間!
座った息子は、お風呂のライオンみたいに・・・
大量嘔吐

そこから掃除と洗濯と・・・
あぁ眠いわ


写真は・・・
浅間高原 御宿 地蔵川という旅館のサイトから拝借。
とっても綺麗で風情のある旅館ですね〜
泊まりにいきたいな〜
良かったらHP見に行ってみてくださいね!

へんな写真の使いかたしてゴメンナサイ

ホントは金ぴかのライオン探したけど見つからなかった(>_<)

kochiya_blog at 11:14|PermalinkComments(13)TrackBack(0) 家族・子ども 

2010年02月25日

最近、無性にムカつくこと

何にムカつくって、携帯電話の料金の話なんですけどね。
いままで明細なんて気にしていなかったんですよ。
「どうせたかが知れてるし・・・」
って感じで。

ということで、我が家の携帯電話事件簿!
事件ってほどじゃないですけど(笑)


私は、4台の携帯電話料金を払ってます。
私が2台、嫁さん、私の母の4台。
私のプライベート1台と母がau。
私の仕事と嫁さんがdocomo。

携帯を2個持っていると
「こちくん、ひょっとして浮気用?」
って聞いてくる人がいますけど、そんなんじゃないです。

昔に勤めていていまは廃業した会社で、営業用のPHSが支給されていました。
あっ、今気づいた。
私の携帯電話2個併用歴は10年くらいになるんだ。
もったいねぇなぁ・・・

で、会社が廃業するときに、当時の上司が得意先に私のプライベートdocomoちゃんの番号をばら撒きやがったんですよ!
「会社は廃業してしまいますけど、業務を引き継ぐ会社にこちくんがスライドするので、この番号に電話してね〜(*・ω・)ノヨロシク」
って。

でまぁ仕事とプライベートはキッチリ分けるほうなので、泣く泣く愛しのdocomoちゃんを仕事用にして、プライベートにauを契約したんです。
あの頃は家族割とかあまりなかったからね・・・
auは割安だったし。。。
今にして思うと、ここでdocomoを契約しなかったのが運命の分かれ道?
ブログって頭の中が整理されていきますね〜


結婚して暫らく経って・・・
嫁さんはdocomoなので家族割を申し込むときに、なぜか私が払うように設定させられてしまいました。
(普通?)

そして子どもが産まれたときに、
「お母さんが携帯持っていなくて不便だから、母の日のプレゼントは携帯電話がいいんじゃない?」
という話になり、私の口座から料金引き落としでau携帯プレゼント。

母の携帯代をかれこれ6年ほど払っています。
月5,000円×6年×12ヶ月=360,000円也。。。
なんて高い母の日

でまぁ嫁さんが
「携帯古くなったから、機種変更しようかな〜」
って言うもんですから
「好きにすれば〜」
と答えたわけです。

するとどうでしょう!
機種代50,000円の24回払いローンを私が払っているじゃないですか!
あっ、月2,000円か。
どうでもいいかな。これも今気づいた。
(念のため言っておくと、嫁さんのほうが私より金持ちです。。。)


まぁこんな無駄が積もり積もって、毎月3万円くらいになっていることに。。。
ついこの前、気づいたんです!
(遅い?)

そしてこの問題を一掃すべくついに動き出す極秘作戦!
作戦コード:iPhone
まんまじゃん・・・

Wi-Fiバリュープラン
iPhoneってずいぶん安くなりましたね・・・

作戦コード:iPhoneが成功すると、我が家の携帯代は18,000円くらいに下がるはず!
(母はどうせiPhone使えないので、何かテキトウな安い機種)
機種代の償却が終わる頃にはウハウハだぜ作戦です。


そして予備知識・・・
私の仕事携帯、ずっと電源切りっぱなしでデスクに転がっています。
今月はずっとお昼寝中

kochiya_blog at 15:47|PermalinkComments(15)TrackBack(0) 家族・子ども