2009年06月

2009年06月30日

日本人らしくない

「こちくんは、日本人らしくないねぇ」
とよく言われます。

ハッキリとモノを言うから
空気を読まないから
みんなと仲良くしようとしないから

などなど理由は様々です。

ハッキリモノを言わないと伝わらないじゃん
空気をみんなで読みあいっこして、息苦しいじゃん
<君子は和して同ぜず、小人は同じて和せず>って言うじゃん


では日本人らしいって、どんなでしょうか?
現代の日本人って、どこかおかしいと思いませんか? 

私は、いまの日本人っぽいって言われるほうがイヤかも・・・。 

at 20:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 心の内面? 

2009年06月29日

保険の契約

以前から意味もなく書き続けているSony生命とついに契約!

詳細は・・・
1、死んだら200万円(払込65歳まで、終身)
特約:家族に10万/月 (払込65歳まで、65歳まで)
2、医療保険、入院5日目〜15,000円/日、上限120日(払込65歳まで、終身)
特約:特定疾病診断100万
3、積立死んだら600万円変動利率付(払込15年、終身or解約まで)
4、学資保険、12、15歳40万円、18歳130万円

以上、月額50,000円程度。
まぁ、なかなかお金がかかりますねぇ。


新型インフルエンザなどの未知の病気、交通事故、災害、戦争。
あんまり長生きする自信がないので、ちゃんとしておかないと・・・
(こんなことを言っている奴に限って長生きしそうですが・・・)

こんだけもらえれば、万が一のときに嫁さんが何とかしてくれるだろう。。。 

2009年06月27日

臓器移植法案A

藤子不二雄Aみたいだな・・・

じゃなくて、たまには社会派気取りで真面目に考えてみました。


焦点は、子供の臓器移植と植物状態の患者の扱いかなぁ。と私は理解しています。
現在は子供の臓器移植とドナー提供は、日本国内で禁止されています。
それをどうするのか?


私はつい最近まで、
「ドナー提供をするもしないも、たとえ子供の場合でも本人と家族の自由でいんじゃね?」
と軽〜く思っておりました。 

ところが先日テレビの特集で
「うちの子は植物状態になってしまったけど、髪も伸びるし、背も伸びる、体重も増えているんです!
これがこの子の生き方なんですっ!」
と訴えている母親の姿が出ていました。 

このような事例を紹介されてしまうと、考えざるを得ません。
「髪も伸びて、背も伸びて、体重も増えるなら、それは生きているんじゃないのか?
その子の臓器を誰かに移植することは、その子を殺してしまうことと同義じゃないのか?
自分の子供がそのような植物状態になったら、臓器提供を認められるのか?」 

コトは簡単ではありませんねぇ。
かなりナイーブで難しい問題です。


しかし一方では、外国へ行って移植手術を受ける子供たちもいます。
莫大なお金をかけて、外国の子供の臓器を移植してもらっている現実です。

外国にも同じように臓器移植を望む子供がたくさんいるのに・・・。

外国での子供への臓器移植は
「ナイーブで難しい問題の答えを、外国に押し付けているだけじゃないのか?」
とも思えてきます。
自国では禁止しているくせに・・・・・。


現状では日本の植物状態の子供は、
1、そのまま植物状態で生き続ける
2、死
の二者択一しか残されていない。

そこに第三の選択肢
3、他の病気で困っている子供とともに生きる
が加わることは、悪いことではないと思う。
(もちろん強制があってはならないと思う)


現状では、100%助からない子供からの移植もできない。
事故などで100%たすからないなら、せめて移植をまつ子を助ける。
そんな選択肢が可能になるのなら・・・。


衆議院のA案可決、私は支持します。
絶対に廃案にしてはいけないと思う。

参議院で小難しい修正を協議しているようですが、シンプルでいいと思う。
偉い学者に決められても、自分の子供のことはまったく別。
人に決められたくないじゃない?。

法律で禁止するのではなく、生命・倫理の問題で難しいのなら、個人に判断を任せてしまうのもアリではないでしょうか。 

結局のところ、軽く考えていたときと答えは同じ。
人の思考法って、何をどうやってもなかなか変わらないものなのでしょうか? 

2009年06月25日

人の記憶

私はとっても物忘れが激しいほうだと思っています。

自分に関係ないこと
とか
唐突に質問を受ける
とか
話題が急に変わる

などの状況で、知っていて当然なのに
「何それ?」、「誰のこと?」
などと平気で言います。

先日も、いままでに何度も打ち合わせをしている会計士さんの名前をど忘れ。
「〇〇さんの意見も聞いてみよう!」
と言われたときに
「誰でしたっけ??」
といって、顰蹙買いました。
(ちなみに1週間くらい前に、一緒に飲んだばかりでした)

まぁ、そんな私のいい加減な記憶ですが、覚えていることはほぼ正確な自信はあります。

何を言っているのか解りません??

ひとの記憶って、思い込みなどで勝手に変質していくものだと思うんです。
「私にはそれが少ない。」っていう意味です。
覚えていることについては、そのときの表情なども覚えています。

ついでに言うと、飲んだ席のことでも覚えていることについては、正確に覚えています。
(というよりもほとんど酔わないので、飲みの席とかは関係ない)

言った言わないの議論にあまり意味はないですが、私が
「言った!」
と断言したときは、覚悟召されよ。

こっちは、その言葉で動いたんじゃい!

いつも記憶がおぼろげでボケていると思ったら、痛い目見ちゃうよ〜

おしおきだべぇ〜 

at 20:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 心の内面? | 昔話

エッジをきかせろ!

今朝、なんとなく鏡を見てみました。

ヒゲを剃ったりするときに、いちおう鏡は毎日見ています。
しかし、まじまじと見たことはほとんどない。
改めて上半身裸の体を見てみると・・・・・・ 

エッジがきいてないなぁ・・・

はっきり言って、たるんでいます。

エッジのきいた体に戻りたい。
エッジをきかせろっ!

腕立て伏せでも始めようかしら??