2009年05月

2009年05月12日

小沢代表辞任

あまり政治的なことは書きたくはないのですが・・・
とりあえず時事ネタということで。

小沢代表が辞任してしまいました。
こわもてとか豪腕とか言われていましたが、何かの特集番組をみた記憶を辿ると小鳥か何かを飼っていて、体調に気を使う優しげな人という印象でした。
国の未来や民主主義のありかたを熱く語る政治家という印象もあります。

西松建設の件もそうだけど、政治資金でマンションいっぱい買っていたり結構グレーな印象も。
よくはわかりませんが、秘書の逮捕はやりすぎという報道もありますがどうなんでしょう?
(逮捕するほどの罪ではない。ということ??)

何が正しいのか良くわからない。

でも、総理大臣を目指す人が、グレーな印象ではいけないんじゃないかと思う。

結局のところ、西松建設も不動産購入も明確な説明がないままに辞任してしまわれた。
政治や法律、過去の判例なんかわからない私なんかにも解るように、わかりやすく丁寧に説明してくれればよかったのに。
「国策捜査だ!」
って言っても解りませんよ。

内向きな
「党が一致団結するため」
って辞任の理由を言われても、困っちゃいます。

なんにしても、日本がもっともっといい国になりますように。 

2009年05月11日

ゴールデンウィークがあけて・・・。

ゴールデンウィークがあけて、仕入先も通常復帰。
「在庫の積み込みもバッチリさっ!」
と思いきや・・・・

特定の商品数種類が爆発!!
ある商品は、在庫を2,000個用意したのに2,800個受注。
その他もろもろ・・・・。
「喧嘩売ってんのかっ!!!!」
と何故か喧嘩腰になりながらの、朝のひとこま。

ムカつくから在庫を3,600に積み増しちゃいました。
これで足りなかったら?
もう知らん。

月初だからできる荒業?な1日でした。
大変でもなんとかする気はあるので、たくさん買ってくださいね〜〜〜


*ちなみに2,800個受注したのは100円の商品ですので、別に景気よくないですよ。数字が大きくて大変なだけ!? 

2009年05月08日

チェルシー対バルセロナ

イニエスタドログバ
先日、チャンピオンズリーグ準決勝、チェルシー対バルセロナがロンドン・エミレーツスタジアムでありました。

結果はトータル1-1。アウェイゴールの差でバルセロナが決勝へ。
終了間際のイニエスタの鮮やかなアウェイゴールでバルセロナの逆転勝ち!
イニエスタは顔のおかげで?目立ちませんが、すごく上手です。世界でもトップクラスの攻撃的選手。

ここでメデタシメデタシとは行かないのが、チェルシーのドログバ選手。
審判の判定に文句タラタラです。
こんな顔した大男に詰め寄られたらビビリますよ。
ドログバだけではなく、ヒディング監督や大多数の選手が納得いかない様子でした。
曰く「詐欺だ!」「試合を盗まれた!」などなど。

確かに微妙な判定が何回かありましたが、
「これは絶対PKだ!」
と確信をもって言える場面はなかったんじゃないかなぁ・・・。
主審によってPK取る人取らない人、意見が分かれるくらいの微妙な判定でした。時の運って感じでしょうか。
バルセロナのアビダル選手の退場の判定のほうが、首をかしげる感じかなぁ。と思います。


ともかく、緊張感のあるいい試合というかレベルの高い試合でした。
それだけに、試合終了後にドログバが主審に詰め寄るシーンが残念です。
(ドログバは、翌日に謝罪しています)

決勝は、ローマ・スタディオオリンピコ。
マンU対バルセロナ。
楽しみな対戦カードになりました。

そういえば・・・
「決勝がイングランド対決になるのをUEFAが嫌って、チェルシーに不利な判定をさせた。」
とも、チェルシーの選手は主張していました。
まぁ、去年と同じ決勝カードじゃ盛り上がらないよねぇ。
チェルシー対マンUじゃ新鮮味がないし・・・。


ちなみにノルウェー人の主審は、死の脅迫を受ける事態に発展。
そこまで責めるほどの間違いはしてないと思うけど・・・。
気の毒です。

http://news.livedoor.com/article/detail/4142953/

2009年05月07日

100ます計算

100masu100ます計算ってご存知ですか?

右のような表の縦軸と横軸を足し算や引き算・掛け算・割り算をして、答えを記入していく計算問題です。
集中力と計算力が向上して、学力も上がるらしいです。
終わるまでの時間も計測して、スピード競争のようなこともやります。
陰山英男という人が第一人者?で、ニンテンドーDSのゲームなどにもなっています。


なんでこんな話しになったかというと、小学校1年の娘が始めました。
まだ入門編の簡単なやつですが、時間を_SL500_AA204_計って楽しそうにやっています。
繰り上がり無しの足し算を36問、2分30秒くらいで終えています。(1〜2問間違えていますが・・・)
2分30秒って早いのかはよくわかりません。

でもネットで調べてみると、否定的な意見も散見されます。
・時間を計って競争させるのは良くない
・強制的な訓練だ
・創造性がない
・急ぐので字が汚くなる
などなどです。

でも、そうなんでしょうか?
特に教育熱心なつもりはないですが、あまりに出来ない子ちゃんでは困ります。
3+4=7 8+16=24
なんていう計算を一瞬でできないようでは、将来が思いやられます。
こんな簡単な計算は楽勝に出来るようにするのが、親や学校の務めではないのでしょうか?
娘を見ていると、集中力の訓練にもなっているようです。
現状では、1分30秒を過ぎたあたりから、計算速度が目に見えて遅くなります。間違えも後半のほうが多いです。
時間を計るのも楽しそうです。
小学校低学年にはちょうどいい感じかなぁ。と思います。

100ます計算の複雑な2桁の掛け算や割り算は、
「勝手にやってくれ」
って感じで、計算好きな人が趣味でやってればいいと思います。

まぁ、幸いにもうちの娘は
「勉強すき〜」
とか言いながら、楽しんでやっているようなので・・・。
嫌がっているなら、やらせてもしょうがない。


このサイトで、問題を作ってくれます。(無料)
お時間が空いたときに、頭の体操にどうぞ。
大人でも頭の運動になって、記憶力の向上などに効果があるようです。
ボケの防止にもなるのかしら?
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.keisan-mondai.com/100masu.htm

2009年05月06日

お気に入りレストラン<Brasserie しんかわ>

5月5日はこどもの日。
というわけで、初節句のお祝いに幼馴染のやっているレストラン<Brasserie しんかわ>に集合。


brasserieしんかわ近所ブラッセリーしんかわbrasserieshinkawa遠景brasserieshinkawa玄関へ


brasserieshinkawa玄関brasserieしんかわbrasserieshinkawabrasserieshinkawa窓から
brasserie新川

建物は築90年くらい。
90年前って1919年。第一次世界大戦が終わって、ベルサイユ条約締結の年。カルピスが発売された年でもあるようです。
写真のように歴史を感じさせるたたずまい。

かつて旅館だったので、庭には四季折々の花が咲いています。
写真はさつき。

沼津から直送の鮮魚や、川越「浅井農園」の取れたて野菜などをつかったこだわり料理が自慢。
最後の写真の<金目鯛の炙りをのせたオリーブライス>がうちの子供のお気に入り、通称<お魚ご飯>。スープ・デザート・コーヒー付で1,380円です。

洋食は旧館で、新館では割烹もやっています。
ランチのうなぎはとっても美味しい。坂東太郎というブランドうなぎを使っているそうです。
以前に行ったときは、坂東太郎は売り切れ。
割烹も好評のようです。

昔はランチなんかはやっていなくて、とても高級で敷居の高いイメージでした。幼馴染の親戚がやっている旅館・割烹でしたので、知ってはいたけど食事したことはなかったです。
そこで幼馴染が洋食ランチを始めたら大盛況。
始めたばかりの頃はお客さんも少なくて行きやすかったのですが、最近の昼時は予約しなくては行けないので、今回は久しぶりの訪問です。 

相変わらずのいい雰囲気で大満足。
7人で食事して、13,000円くらい。
「決して高くはないかなぁ。」
と思います。

近くにお立ち寄りの際は、ぜひ。
常磐道流山インターから10分くらいです。
都心から高速で1時間もかかりません。ドライブがてらにいかがでしょう?

さくらの季節もおススメです。


詳しくは、Brasserie しんかわ ホームページをご覧下さい。
和食をご希望の方は、割烹新川
ランチタイムは予約必須です。 

ただの宣伝でした。